海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜パート6

英語でのコミュニケーション力

 

”英語力=ボキャブラリー”とよく言われますが、

単語をいくら暗記しても基礎をわかっていないと使えないし、

応用も効きません!

また日常英会話を勉強する上で欠かせないのがイディオム!

英文法の基本を理解した上でイディオムを学んでいく事が他の方に差をつける方法!

大事なのは英語の基礎をいかに身につけているかです!

本気で英語を勉強したい方にこのサイトを使って欲しいと思います。

 

人口の半分以上が英語を話せる国45カ国世界には存在します!

日本語は日本だけです。このチャンスあなたにはわかりますね?

毎日コツコツと英語に触れれば英語脳は確実に育ちます!

環境のせいなど言い訳をせずに今日から始めましょう!

 

英文法の基礎

こちら↓

品詞とは何か?

基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって)

副詞(Adverb)副詞を理解すれば英語は格段に上達する!

 

今までのイディオム集

海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜
海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜パート2
海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜パート3
海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜パート4
海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜パート5

 

今回で第6弾!イディオムをしっかりとニュアンスを掴んで物にしましょう!

 

日常的に使えるイディオムを紹介〜パート6

 

Take off :(衣服など)〜を脱ぐ・(飛行機など)離陸する

“take off”は飛行機が離陸する際に”テイクオフする”などと聞き覚えがある方もいると思います。

これは自動詞+副詞(飛行機など)〜離陸すると言う意味になる

逆に他動詞+副詞で(衣類を)〜を脱ぐと言う意味この場合は他動詞+副詞に名詞を加える!

 

“take off”他動詞+副詞で(衣類を)〜を脱ぐ

 

A) Jim! I’m doing laundry now.

If you have any clothes you want to put in the machine, come do it ASAP!

ジム!今洗濯物しているんだけど!もし洗いたいものがあるなら、早く入れて!

B) Okay! Just a min!

I’m taking off my uniform now!→他動詞なので名詞が後ろにないといけない!

わかった!ちょっと待って!今ユニフォーム脱いでいるから

 

自動詞+副詞(飛行機など)〜離陸する

A) Did your flight take off on time today?

あなたのフライトは時間通りに離陸した?

B) No. The flight was delayed for 2 hours

いいや。2時間遅れたよ

 

Used to (do):〜過去にしていた

過去にしていたと言う時は”過去形”や過去のことなので”過去完了形”とか使いたくなりますが、

過去に経験したことの場合はこの”used to ~動詞原形”で表す事ができます!

過去の”経験””習慣”、”過去にこうだった”と言うことを表現する際にはとても便利なのでニュアンスを掴みましょう!

 

“used to ~動詞原形”を使った例文

A) Do you play any sports?

何かスポーツやってる?

B) No. I used to play baseball. Not anymore

いいや、前に野球をやっていたけどね。もうやってないよ

A) Really? You are still in good shape, so I thought you still play some sports

まじで?君いい体してるよね、だからまだ何かスポーツしてるかと思ったよ!

B) No. I’m too lazy to do it

いいや。怠け者すぎて

 

他にも

A) Do you like this music?

この音(音楽)好き?

B) yeah. sort of

うん!どっちかと言うとね

A) How about Hip hop?

じゃあヒップホップは?

B) I used to like “rap music” when I was in Uni

大学生の時はラップミュージックは好きだったよ

 

deal with 〜もの・人:(人など)

対応する(もの)取引する、解決しようとする

“deal with”は“manage”や”handle”といった”扱う”や”対応する”といった単語と

かなり近い意味にあります。

一般的には”取引する”などと覚えたりしますが、

取引を別の視点で見てみると

”お客さんの対応など” 〜対応すると言う意味に捉えれば様々な用途で使えます!

 

“deal with”の例文を見てみよう

A) How is your work?

仕事どうよ?

B) Well, I’m not good at dealing with customers. I think I will quit pretty soon

うーん、私お客さんの扱い(接客)が得意じゃないみたい。すぐに辞めると思うわ。

A) No!! No worries!! I think you are very skillful at dealing with them.

いやいや!心配しないでよ 。君はすごくお客さんの扱い(接客)が上手だと思うよ!

B) Thanks.

ありがとう。

 

物事の解決の場合の”deal with”

A) Our company has been in a horrible financial situation since former CEO left this company

私たちの会社は前のCEOがいなくなってから経営状態が最悪です。

B) We have to deal with this issue

この問題を解決しないといけない。

 

他にも”扱いにくい”と表現する際にも!

 

彼は扱いにくいと言う時もこの”deal with”

He is hard to deal with 

形容詞の後ろにto不定詞として”deal with”を入れているのですね!

形容詞の後ろのto不定詞の復習はこちら↓

To不定詞~使用法~便利すぎる

 

逆に扱うのが楽という表現も!

She is easy to deal with

彼女は扱いやすいです。

 

このdeal withはdealとwithで”扱う”、”対処する”という意味なので

withの後ろに何を入れなきゃとかも深いことは気にしないで!

しかし、この場合deal withのdealは自動詞なのでこの表現ができることは覚えておきましょう!

 

やはり、自動詞と他動詞など基礎的なことは絶対に必要ですね!

毎日英語!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です