海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜パート2




イディオムを覚えてバイリンガルを目指す

別記事で”イディオムとは?”をある程度説明したので割愛させていただきます!

復習はこちら→海外生活には欠かせない〜厳選イディオム集〜

イディオムを覚えても英文の基本的な構造や役割、

基礎の部分を理解していないと覚えても意味がありませんので復習したい方は

こちら↓

品詞とは何か?

 

基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって)

 

使えるイディオムパート2

 

Make a (phone) call (to ~): 電話をかける

これは“phone”(他動詞)や“use the phone”と同じようなイメージ!

”電話をかける”という意味を持ちます!

例文を見て見ましょう!

A) I have to make a call to my client at 12pm

12時にクライアントに電話をかけないと!

B) I will remind you to do it at 12

12時にそれをするように思い出させるわ!

 

他にも

A) Did you call me last night?

昨日電話した?

B) Yes. I made so many calls to you last night because It was an emergency!

はい!昨日緊急だったからめっちゃ電話かけたよ!

 

Throw away : 〜を捨てる

discard(他、自動詞)〜を捨てる、捨てると単語と意味はほぼ一緒です!

使い方は“throw 物 away”もしくは“throw away (something)”

どちらでもおっけーです!

早速例文を見て見ましょう!

 

A) Ken!! we are moving to a new condo tomorrow! Clean your room up!

ケン!明日新しいマンションに引っ越すのよ!部屋を片付けなさい!

B) Okay. I have to throw away these old magazines .

わかったよ。これらの古い雑誌を捨てないといけない。

 

他の例も

A) Mom, have you seen my red jacket?

ママ、僕の赤いジャケットみた?

B) Oh sorry. I thought that was garbage, so I threw it away!!

えっ!?ごめんゴミだと思って捨ててしまった!

 

Get home/ Get back:家につく、戻る

 

よく“go home”などは使いますが”get”を使ったニュアンスは

日本の義務教育や高校でも英語に力を入れていない限り教えてもらいません。

まず確認しないといけない点は”home”は副詞というところ

 

副詞の復習→副詞(Adverb)副詞を理解すれば英語は格段に上達する!

 

Getのニュアンス

そして”Get”は自動詞と他動詞があり、

自動詞ではgoarriveの間くらいの意味であるニュアンスだと覚えておいてください。

他動詞は、ゲットするといったイメージI get a car=車を手に入れる

 

homeもbackも自動詞”get”の後ろなので副詞ってことですよ!

 

これを頭に入れ”get home”と”get back”を見て見ましょう!

 

例文

A) when will you come back to America?

いつアメリカに戻って来るつもりなの?

B) Oh, I already got back!

えっもう戻ってるよ!

 

他にも!

A) Where are you now?

今どこにいるの?

B) I just got home.

今家についたところだよ!

 

Be in a hurry (to do something):(〜することを)急いで

これは”急ぐ”と言うニュアンスで使うイメージ!

似たような言葉では”Rushed”とか”Hurried”がありますね!

仕事や学校など様々な用途で使うことがありますのでしっかり捉えましょう!

 

例文

A) Ken, Are you free tonight?

ケン、今晩暇?

B) Nope. I am in a hurry to get my project done(finish my project)

いや。僕はプロジェクトを終わらすのを急がないといけないんだ。

 

他にも

A) Are you in a hurry to get back to your office?

あなたはオフィスに戻るの急いでる?

B) No. Let’s have lunch together

いいや。ランチでも食べようよ!

 

Take it easy!:気をつけて、落ち着いて

“take it easy”“stay calm”や”be careful”と似ているイメージ!

興奮気味の人に落ち着いてと言うときや、病気などでゆっくりしてなどのケースでも言うことができたり、別れの際に一言”take it easy”と無理しないで!など様々な場面で使用できる。

 

例文を見てみよう

A) OMG(oh my god)I am so annoyed!! I’m gonna kick Ken’s ass!!

あーーめっちゃムカつく。ケンをボコボコにしてやる

B)Hey. Take it easy and tell me what happened?

落ち着いてそして何があったか教えてよ

 

他にも

 

A) I’ve been sick recently

最近ずっと体調が悪いの。

B) You will have to take it easy for a while

しばらくの間、安静にしていないといけないよ。

 

空いている時間に英語での表現のニュアンスをキャッチして、

バイリンガルを目指しましょう!

イディオムのニュアンスを掴むと今まで言えなかったことも簡単に言えるようになります!

毎日コツコツ勉強していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です