英語の時制を理解しよう | 現在、過去、未来、現在進行形わかりやすく勉強!




英語の時制の重要性!

 

皆さんは英語を勉強していて時制(どの形を)使っていいのか考えてしまうあまり、

言葉が出てこなかったり、表現しにくいと感じてしまうことがあるんではないでしょうか?

 

今回はそんな自制を理解してもらうためになるべく簡単に説明したいと思います!

 

大事なポイント

そして英語の時制に関しての使い分けのポイントは”どこに重点をおいて話をするか?”です。

未来の(珍しい)イベントなのか、日常的なことなのか、過去のことなのか。。。

こういうことを意識しながら考えて行き、

なんとなくニュアンスを理解して実際に英作文にTRYして見ましょう!

 

まず現在形!

 

現在形

 

現在形のイメージは日常的なルーティン(習慣)と一般的なREAL(真実)です!

皆さんは毎日仕事や学校に行きますよね!

なので

I workであったりI go to schoolとなるんですね!

例をもっとしっかり見てみましょう!

 

I have a breakfast every morning

←毎朝朝食をルーティンとしてとっているのが感じれます。

毎朝、朝食をとる。

 

I play baseball sometimes

←毎日ではないが一週間に一回、一月に一回や半年に一回でも頻度はわからないが、

やるという事実、習慣が感じられるイメージ!

私は野球を時々やる。

 

I go shopping

←買い物は日常的にしますよね!事実、習慣が感じられるイメージ!

わざわざ未来の形(willなど)にしなくても買い物は習慣で特に未来にフォーカスする必要はないですね!

私はショッピングに行く

 

I work for the company

事実だし、日常的なルーティンで週5日働いている感じが出ている!

私はその会社で働いています。

 

過去形

 

過去形は読んで字のごとく過去の出来事行ったこと

そして副詞(前置詞+名詞)などがつくと、その時点や状況の話をピンポイントでできる

”その時点の話”ができる!なので現在完了形とは違います!

昨日とか、二日前とか1年前、”友人と”などなど!

副詞の復習→副詞(オマケ的要素)

 

見てみよう

I had a lunch with my friend yesterday

過去の出来事副詞(with my friend )友達と副詞(yesterday)

←過去の出来事の情報の詳細”その時点の話”

私は昨日友人とランチを食べた!

 

↑”友人と””昨日”ランチを食べたのが伝えたいのが伝わりますね!

 

I visited Canada 2 years ago

←過去の出来事、副詞(2 years ago)2年前←過去の出来事の情報の詳細”その時点の話”

私は2年前にカナダに訪れた。

 

↑”2年前に” ”カナダに” 訪れたというのが伝えたいんですね!

 

I worked for the company

過去の出来事、真実。今回は特にいつという副詞の情報を言及していないが働いていた事実

私はその会社で働いていた。

 

↑”その会社で働いていた”をフォーカスしたいんですね”いつ”など時期は入れなくても!

 

過去形は”過去の出来事”が核にありますのでそれをしっかりと覚えておきましょう!

そして過去の出来事のどこにフォーカスして表現したいかによっても

副詞をつけるつけないなど(”いつ” “誰と”など詳しい情報)が関わってきますね!

 

未来形

 

未来形は未来に起こる出来事、イベント、

日常的にはないサプライズや特殊な出来事の時に使うイメージ!

未来の予定にフォーカスしたい時や用事を相手に教えたいときも使えますね

“will”には意志や予測、*習慣や当たり前のことも表現できます。

未来を表す助動詞”Will”

 

(*習慣は”very often”=willというようなイメージの文の時に使います。

very oftenというのは頻度は高いが100パーセントではないですよね!

そういう習慣のものです!)

 

I will go shopping tomorrow morning.

未来の予定、相手に”明日の朝”いくと伝えるイメージ!もしかしたら一緒に行きたい?って聞くかもしれないですもんね!朝だけど。。。ってな感じで

私は明日の朝買い物へ行く

 

I will see my boy friend tonight!

未来の予定、イベントですね!→意志の強さを感じます!

私は今夜彼に会うの!

 

未来の出来事や予定にフォーカスしているのがわかりますね!

現在形とは違い日常的なことを表現というより

もっと未来に起こるイベントや出来事”何時にどうする”など未来の事柄を伝えている

イメージ!!

つかめそうですね!

 

現在進行形

 

現在進行形”今””今この瞬間”にフォーカスしているような感じ。

なので現在進行形には”now”とかつきますよね!

現在進行形(be動詞+動詞ing)という形を作ります

↑この形は実は現在分詞が付いているイメージ!

SVCと考えるといいと思います!

基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって)

しかしこの現在進行形の考えを理解するには

分詞構文(形容詞の用法)を完璧にするともっとわかりやすいです!

分詞の用法を理解しよう!(形容詞)

 

I’m studying English “now”

→今この瞬間、今現在”やっている”というニュアンス動きがある感じ!

私は”今”英語を勉強しています。

↑この形は実は現在分詞が付いているイメージ!

分詞構文の考え方をすると

S(I)V(am=be動詞)C(studying English)←現在分詞(形容詞的用法)でしたね!

私=英語を勉強している状態です+now(副詞)

 

 

We are playing baseball now

→これも今この瞬間、今現在”やっている”というニュアンス動きがある感じ!

私たちは”今”野球をやっています。

S(We)V(are=be動詞)C(playing baseball)←現在分詞(形容詞的用法)でしたね!

私たち=野球をしている(状態)です+nowですね!

 

ようは

出来事→→→→出来事→→→→出来事

現在も進行してやっている状態が続いているとフォーカスして表現しているんです!

 

しかしこれはどうでしょう?

 

We are playing baseball this afternoon.

↑あれ?!“now”じゃない?!

そうなんです未来のこともbe ingの形で行くんです!

よく

 

be動詞+going to+動詞で未来を表す

 

こんなことをよく聞いたことあるのではないでしょうか?!

みなさん“will”=be going toだとイコールで考えているんですが、

ちょっとニュアンスが違うんです。

 

さっきの現在進行形(be動詞+動詞ing)

出来事→→→→出来事→→→→出来事

現在も進行してやっている状態が続いていると表現していますね!

 

状態が続いているので、動いていましたよね!?

その状態にフォーカスをして表現しているのですね!

 

考え方というかニュアンスで捉えて欲しいですが、

 

I’m going to have a party tonight→今夜パーティがある。

この文のI am going toにフォーカスするとgo=行くですね!

行っているみたいな現在進行形(be動詞+動詞ing)ですね!

出来事→→→→出来事→→→→出来事

 

これは自分自身や自分の気持ち&マインド

その”今夜”の出来事に進行しているので未来のことを表しているんですよ!

そして分詞構文の形容詞用法の考えを入れると

今夜は”それをしている(状態)である”宣言している感じ!

 

分詞の用法を理解しよう!(形容詞)

 

それが言えるので未来を表せる表現というか

先の予定も表せるのですね!

 

自分(今)→→→→自分(夕方)→→→→自分(今夜)のto have a party tonightを向いている。

と進行しているイメージ!

そして分詞構文の形容詞用法の考えを入れると

今夜は”それをしている(状態)である”宣言している感じ!

 

 

なのでこの考えで見てみると

 

先ほどの

We are playing baseball this afternoonもわかる気がしません?

 

we→→→→we→→→→we→playing baseball this afternoon

 

ほぼ100パーセント!

 

元から決めていて絶対にやるというイベントだと感じることができますね!

分詞構文(形容詞用法)も合わせて考えると、

“this afternoon”には”それをしている(状態)である”宣言している感じですので!

この考えがあるので先の予定も表せるのですね!

この形は今日とか明日とか時期が近い時に使う傾向があります!

 

”ぽっ”と出てきたプランよりも

その状態にその時までに〜している(状態)という宣言のイメージのため確実性が高いですよね!

 

分詞の用法を理解しよう!(形容詞)

 

上の形とbe going toの違い

 

分詞構文(形容詞用法)を頭に入れつつ

現在分詞→”それをしている(状態)”

 

これはbe going to doはそのもの自体は”go=いく”というアクションを見せている。

初めから決めている予定という点では一緒なんですが、

自分は95%くらいで確実に行くんですが、

もしかしたら天災や友人がドタキャンするケースもあります。

なので95パーセント以上でやろうと思っていることについては

be going to doというイメージ。

 

さっきの現在進行の形では予定というよりもっと”何が何でもやってやろう”感が伝わる感じ!w

それをしている(状態)になると宣言ができるイメージ!

 

じゃあ”Will”と”be going to”は?

 

willは未来の予定や出来事と言いましたよね?

そしてbe going to doは”初めから決めている予定”と先ほど言いました。

現在進行形やbe going toは分詞構文(形容詞用法)の考え方があるため。

現在分詞→”それをしている(状態)”を表わせましたね。

 

現在進行形(be動詞+動詞ing)

出来事→→→→出来事→→→→出来事→予定

出来事や自分のマインド&意識はずっとその予定に向かっている感じ

そして現在分詞の”〜している(状態)”があるので、

その時には〜している(状態)になっているというイメージ!

分詞の用法を理解しよう!(形容詞)

 

will

未来に起こる出来事、イベント、

“will”には意志や予測、*習慣や当たり前のことも表現できます

意志を持って、日常的にはないサプライズや特殊な出来事の時にも使ったとしても

100パーセントではありませんよね!

90パーセント以上なイメージ

 

be going to do

元から決まっているプラン、予定

95パーセント以上なイメージ

なぜなら現在分詞の考え=”〜している(状態)”があるため!

 

1.I will go to the party tonight

 

2.I’m gonna have a party tonight

*(gonna=going to)省略バージョン

 

どちらも今夜パーティに行くんだけど、

1.はあくまで予定、2.は最初から心に決めている予定!

 

なのでいきなり誘われて

Can you come to our party tonight?

と”いきなり誘われた”予定になかった(知らなかった)パーティに

Yes. I willと答えるのがbetter!←元から行こうとは思っていなかったので!

“yes I’m gonna go”とか言ったら最初から待ってたと変な感じだと思われちゃいますね!w

 

英語の時制は日本語とは違いすごくニュアンスが勉強すればするほど、難しく感じますが、

日本語のように考えずに英語だからと英語のニュアンンスをキャッチするようにしましょう!

 

時制はこの先すごく大事になるポイントです!

ニュアンスを捉えましょう!

 

毎日英語!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です