英語の考え方/根本的な考え方で英語をマスターしよう2!

英語の表現の仕方

English Speakerは自己主張がすごい!w

ジェネラルスピーキングとしてこんなことが言われていると

前回の記事でも紹介しましたね。

しかしこれは私たち日本人と西洋人のバックグラウンドが違うからだと紹介しましたね。

今回はみなさんの英語スキルに少しでも役に立てばということで

表現の仕方=話し方のヒントになるかもしれないということを紹介したいと思います。

まずは復習がてらおさらい!

今日、プレゼンテーションやエッセイなどに注力する学校や会社も大分日本でも増えてきいますね。

ただ苦手な方もたくさんいるのではないでしょうか?

これは日本語でそして日本語文化でやろうとしても中々に難しいところはあると思います。

なぜなら以前の記事で紹介した日本人には自己犠牲をする文化が少なからずあるからです。

”こんなこと言っていいのかな”、”相手が自分が言いたいことを読んでくれる”などなど

日本語、そして日本文化特有の相手を立てるや自己犠牲、聞き手が話し手の言葉を読んでくれる、察してくれる。

このように一種の”甘え”という日本独特の文化があるからです。

(あくまで英語を話すという点ではあまりフィットしないというだけで、これも日本特有の美しい文化だと思っています。)

ネイティブの先生とレッスンをしても自分の英語が上手くなってるかわからない。

こんな質問をされるケースが多いのですが、それは当然ですよね。

まず文化が違う同士が話してその母国語を話してたら外側だけで判断し、

そしてネイティブの先生

喋れてるじゃん!

こんな感じで言われるはずですよね!

ただ学んでる方はコアの部分が理解できなく上達を感じないケースが多いはずです。

逆に日本語を話せるノンネイティブ日本語ラーナーにあった際、

あなたは日本語うまいねーなど言ってはないでしょうか?

まぁそんな感じですよね!

甘えという言葉は日本語のオリジナルの言葉であると何かの本で読んだことがあります。

逆に考えると相手を思いやり、察してあげて相手の言葉に耳を傾けられる民族であるとも言えますね!

少し脱線してしまいましたが、上記を頭に入れて、日本語と英語は文法や発音だけでなく、文化が違う!

これをしっかりと頭に叩き入れましょう!

なのでフレーズで英語を覚えたり、日本語から英語に直したりしても機能しない

英語も勉強ではなくコミュニケーションのツールです。

なので文化を理解する重要性も皆さんも理解してきてくれてるのではないでしょうか?!

重要なのは質問をさせない!

先ほどお話しさせてもらった通り、英語(西洋文化)では相手が察するという文化が日本に比べると薄いです。

(日本は自己犠牲、西洋は個人主義に影響を受けているので)

なので日本語のように英語を話しても中々深い話ができないはずですよね!?
ではどうするかというと、

質問をさせない5W1Hを入れて話す!

これが重要パート1です!

最初に結論を述べる!

英語では何の話をしてるの?!
これをかなり重要視します。

みなさんも経験があると思いますが、

”今日あれを食べたんだよ”

”あーあれね”

”そう言えば昨日あれ買ったよ”

”へー”

↑こんな会話あるのではないでしょうか?
英語では中々ありません。

なので英語では最初に結論を述べるのですね!
相手が読んでくれる文化がない分、

1、私は英語を勉強します(結論!要点!なんの話をしてるか明確に)

2、なぜかと言うと海外で経済を学びたいからです。(理由1)

3、そして海外の方が日本に比べてチャンスがあります(理由2)

4、なので私は英語を勉強しています(結論のゴリ押し)

簡単に言うと英語はこんな感じです。

(もっと色々あるんですが簡単に言うと)

なんの話をしてるの?

ってならないように話すと言うことがポイントですね!

これを英語で言うと

I study English

Because I want to learn economy in English

And I believe that there are more chances overseas than Japan

That’s why I learn English.

こんな感じで一貫性を持ってお話をする練習をしましょう!
このようにお話をすれば英語を勉強する理由に関しては聞き返されるような質問をされません。

そして更に僕がお勧めする勉強法は日本語を上記で述べたように英語のように話す。

これも日常生活の中で英語での表現の練習としてできますね!

ぜひチャレンジをしてみてください!

Do English Everyday!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です