疑問詞役割 | 1日5分英語学習




 

 

疑問詞とは疑問文の時に使うアレですね!

 

“What” “Why” “Where” “When” “Who(se)” “Which” “How”

 

疑問詞という品詞はWhat”なにを?” When”いつ?” Who(se)”誰が(の)” Why”なぜ?” Where”どこで?” “*Which”どちらの?How”どのように”?

と相手にもっと情報を詳しく聴く際に使うツールです!

 

 

そして疑問詞には3つのタイプがあります。

 

1.”名詞”の役割タイプ

 

2. “形容詞”の役割タイプ

 

3. “副詞”の役割タイプ

 

疑問文の際の疑問詞のポディション

 

”疑問詞”を置く位置としては疑問文の場合、文頭に置きます!

疑問文として疑問詞を使った際の後ろの形ははどうなるでしょう?

What did you study yesterday?←一般動詞の場合はdo/does/didなど前に出しす

What is this←be動詞はis/am/areを前に出す!

 

これが疑問文を作る際の形。

 

昨日何を勉強したは肯定文に無理やり直すと、

You(S) studied(V他動詞) (What?)(目的語O)yesterday

要はここでのWhatは”何を勉強した?”目的語(O)を聞きたかったのですね。

おや、目的語(O)って名詞だよね!?

 

そうなんです!

これが”名詞”の役割タイプなのです!

名詞とは入る位置は決まっていますね!以前やった品詞の役割です

 

名詞の役割の疑問詞

 

まず疑問詞で名詞の部分を聞くことができる役割

 

“What” “Which” “Who”がいるのです!例文で見てみましょう!

 

 

名詞が入る位置

 

1. 主語(S)位置

 

2.目的語(O)位置

 

3.補語の位置(C)

 

4. 前置詞の後ろの位置

 

疑問詞で名詞の部分を聞くことができる役割

 

“What” “Which” “Who”です

 

1. 主語(S)の位置

 

Who(主語S) played baseball yesterday?

誰が昨日野球をしたの?

=主語(S)を聞きたい場合は肯定文と同じ形にする!

(主語(S)名詞の穴=分からない) played baseball yesterday?

 

なので

Who(主語S) played baseball yesterday?

 

疑問詞(=主語)+動詞+その他

Who did played baseball? は

ダメ絶対!w

解答として

My girlfriend played baseball yesterday

Jim played baseball yesterday

My girlfriendかもJimなのかもしれません!その主語のところ質問=知りたいところなのです!

 

2.目的語(O)位置

 

これは先ほどやったやつですね!

What did you study yesterday?←何を昨日勉強したの?

You(S) studied(V他動詞) (何を?目的語O)yesterday

と名詞の穴が目的語に出来てますね!

なのでWhat did you study yesterday?疑問詞がその名詞の穴の部分を聞いているのですね!

 

疑問詞の疑問文を作る際のルールとしては文頭に持っていかないといけないので、

What did you study(名詞の穴(目的語O)) yesterday?となるわけですね!

 

3.補語の位置(C)

 

Who is he?←彼は誰ですか?

これはHe is (who)と考えましょう!

SVCのHe is Yoshiとかの形ですね!なので見てみると

 

He is (名詞(補語C)=分からない)の穴ができる!

 

なのでWho is he?という形でCの部分の名詞を聞くのです!

 

4. 前置詞の後ろの位置

 

あなたは誰と一緒にランチを食べたの?

You had lunch with “who”?←この前置詞の後の”Who”が分からないんですよね!?

なら

Who did you have lunch with(名詞の穴)?このように作ってあげましょう!

Whowithの後の名詞を聞いていますね!なので

あなたは誰と一緒にランチを食べたの?という疑問文が出来上がりです!

他の例もいきましょう!

あなたたちは何について話していたの?

You guys talked about (“what”)←この部分が分からないので

What did you guys talk about( 名詞の穴 )?と作ってあげることができるのです!

 

名詞の穴について聞ける疑問詞は

“What” “Which” “Who”です!しっかり覚えましょう!

 

 

2. “形容詞”の役割タイプ

 

形容詞は様子や状態などを説明して

名詞の前につけてもっと状態や様子を詳しく!

 

new car←新しい車などでしたよね!形容詞の役割

疑問詞でもではどんな〜とかどっちの〜とか名詞の前につけて

もっと状態や様子聞くことができるんです!

 

形容詞を聞く疑問文の作り方

 

忘れてはいけないのは形容詞+名詞で名詞1つ分!

“What book”や”Which color” “Whose bag”など

(疑問詞+名詞)=(形容詞+名詞)を聞くことができる!

 

例えばどんな本が好きですか?

What do you like a book?ダメですよ!

What book do you like?

 

これが正解!

”どんな本”というのが質問のメインの部分!

You like (what) bookと考えましょう!

comicかもしれないしfantasyかもしれません!

 

そのジャンル、(様子や状況)=どんな本を聞いているのです!

What kind of book do you like?もOKだが!

次も見て見ましょう!

 

 

What movie did you guys talk about [名詞]?

(あなたたち何の映画について話していたの?)

 

これもabout(前置詞)の後ろにwhat movieが入るはずですが

この部分が聞きたい(疑問詞=形容詞+名詞)なのでそのまま前へ!

 

Which car do you like better?

どっちの車の方が好き?どっちの車→この部分が聞きたい(疑問詞=形容詞+名詞)

そのまま前へ!

Which car do you like(名詞の穴) better?

セットを文頭にやると、結局、名詞の穴ができてしまう。←ここが聞きたいところ!

 

また(疑問詞=形容詞+名詞)が主語になるパターンもあります。

What book was chosen by your girlfriend?

(どんな本が君の彼女に選ばれたの?)

Sの位置に(疑問詞=形容詞+名詞)の場合は名詞の穴のことは考えない!

疑問詞形容詞の役割ができるのは

 

復習!

“What” “Which” “Whose”の3種類なのです

WhatとWhichは名詞の役割と形容詞の役割の両方できることを覚えておこう!

 

3. “副詞”の役割タイプ

 

副詞とは

1. 文頭、文末に、置ける→動詞や文全体を説明する

2. 形容詞、他の副詞の前に入れてそれらを説明する

 

まだ出てきていない疑問詞が副詞の役割をするものです!

“When” “Where” “Why” “How”

上の疑問詞の基本的には上で説明した1.の使い方。

(疑問詞=副詞は独立して文頭に入れる使い方。←疑問詞は文頭に入れるルール)

だけど”How”だけは特別で両方で使うことができるんです。

 

副詞を聞く疑問文の作り方

 

どちらにしても疑問詞を使った疑問文の規則は

 

文頭に持ってくる!

When did you eat sushi?(いつ寿司を食べたの?)

Why do you need the ticket?(なぜそのチケットが必要なの?)

Where is Mika playing bascketball?(よしはどこで野球をしているの?)

How did you learn Spanish?(どうやってスペイン語を勉強したの?)

副詞の役割をする疑問詞を使う場合は名詞の穴などできない!

ちゃんと文として完成している!

Where did you go to [名詞] yesterday?など前置詞を残さないでください!

名詞の穴なんぞできません!

副詞というのは

I go home(副詞)

She went there(副詞)

など前置詞なしで入れられる形

復習したい方はこちら→副詞

 

ですから

Where did you go yesterday?です!

答えがもしかしたらI went to the stationかもしれないですね!

そのto the station(副詞役割)部分を聞いているのです!

 

よくある間違い方

 

Where do you visit?

Vistは他動詞なので後ろには名詞が来るのでWhereは来れません!

Whereは副詞をきく疑問詞です!

この場合は Did you visit [名詞]の穴が空いています!

どこに訪れたのと聞きたい場合は”名詞”をきく疑問詞”What”を使う!

What place did you visit [名詞]?→(疑問詞+名詞)

で形容詞の役割を作って”どの場所”という名詞を作って

名詞の穴を開けてあげないといけません!

他動詞なのか自動詞なのかは必ずチェック!!

 

 

例外的として

 

Where are you come from?→出身地はどこですか?

Where do you come from?→どこから来ているの?

これらは質問の意図をはっきりさせるために前置詞をつけています!
特別なパターンも中にはありますの!

 

*前置詞がない場合

Where are you?→あなたどこにいるのと違う質問になる

 

2.に形容詞、他の副詞の前に入れて説明するタイプ使い方。

 

How形容詞・副詞の疑問詞作り方

 

“HOW”はこれができる

形容詞の役割をする疑問詞に似ています。

 

 

What carやWhich oneやWhose penなど(疑問詞=形容詞+名詞)

“HOW”という疑問詞も同じように形容詞や副詞を合体

(How+形容詞or副詞)という形を作ることができます!

Howはどの程度という意味の疑問詞なので、

How good (どの程度良い)、How cute(どのくらい可愛い)

 

”どのくらいやどの程度”という感じ

そして疑問詞のルールとして文頭に持っていきますから、

How good is the ramen?→どのくらいラーメンは美味しいの?

How beautiful is the mountain?→その山はどのくらい美しいの?

How hard does Jim practice baseball?→よしはどのくらい一生懸命野球を練習しているの?

この(How+形容詞or副詞)名詞などの穴を開けているわけではなく

 

 

副詞や形容詞の穴を開ける

 

How good is the song [ ]?→どのくらいその歌は良いの?

The song is [how good]→So goodかもしれませんしamazingかもしれません

How beautiful is the mountain [ ]?→その山はどのくらい美しいの?

The mountain is [how beautiful]→Sooooooo beautifulかもしれません!

How hard does Yoshi practice baseball [ ]?→よしはどのくらい一生懸命野球を練習しているの?

Yoshi practices baseball [how hard]→so hard→everydayかもしれませんよね!

 

 

あくまで副詞や形容詞の穴が開く!

 

“HOW”の例外の使い方(要暗記)

 

しかしこの”HOW”には例外もあります。

How many cars do you have?→何台車を持っているの?

このようにHow many cars do you have [名詞] ?

名詞の穴が開く形もあります。

How+形容詞+名詞

How many ~数がどれくらいや

How much ~いくら

How many cars do you have [名詞] ?

How much money do you have [名詞]?

この二つくらい!

覚えておきましょう!

 

 

疑問詞の役割を理解できたでしょうか?

これが分からないと関係代名詞や関係副詞、間接疑問文が理解できません!

しっかりとニュアンスを捉えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です