最も〜(最上級)比較表現




最も〜だ!などNo.1を表現する際に便利!

 

比較表現でAはBよりお金持ちだ!

A is richer than B

という”程度”を表現する際は”er”形容詞または副詞につけると比較級でやりましたね!

そして比較する対象の前にThanをおく!

これが比較AとBなどを比較する比較級というやつでしたね

復習↓

比較してみよう(比較表現)

 

最上級表現

 

今回は”最も〜だ”という英語に関わらず、日常会話では欠かせない表現ですね!

 

“est”と”the”をつけよう!

 

例えば

”彼は最も背が高い”というのを表現するとしたら?

 

He is the tallest!

 

最も〜だとNo.1を表現する際には形容詞または副詞“est”をつけましょう!

背が高いとか速いとか新しいとか頭がいいとか”程度や様子”を表す形容詞または副詞ですね!

 

これを最上級の表現と呼びます!

 

最も〜だ!No.1だ!ということですね!

He is the tallest!

彼は最も背が高い!

そしてその〜についてはNo.1唯一無二なので最上級表現の際は”the”をつけるのです!

 

これが大事!

He is the smartest ←”the”と”est”をつけましょう!

彼は一番頭がいい!

なぜ冠詞の”the”が必要なのかというと→冠詞とは?品詞について

 

He is the smartest (man)←名詞

 

と名詞が実は隠れているからなんです。

 

しかし、わざわざ名詞を入れなくても意味自体も通用するので、省略されています。

 

“the”が省略されるケース副詞

 

なので最上級表現の場合”the”がいらないケースもあります。

それは副詞に”est”がつくケース

 

Yoshi practiced baseball (the)hardest 

ヨシは一番一生懸命野球を練習している。

 

このように副詞の後ろに名詞が隠れているとは考えにくいですね!

副詞について復習したい方→副詞とは

 

副詞の最上級の場合は必ずしも”the”が必要なわけではない!

 

まぁOnly 1だしNo.1を表現するので”the”とつけると覚える方が簡単ですね!

なので例外というかつけなくてもOK(副詞の場合)という感じなので、

最上級は”the”と”est”と捉えてもいいでしょう!

 

最上級表現の比べる範囲

 

そして最も〜だ!とNo.1を表したい場合は

誰かと比べるというか、〜の中でなど比べる対象や範囲が必要ですね!

 

なので

 

1.My laptop is the newest of four

私のノートパソコンは4つの中で一番新しい!

“of”という前置詞は範囲を表す!

of all=全ての中でなど

 

2. Yoshi practices baseball (the)hardest in his team

よしはチームの中で一番野球を練習している。

in the teamとチームを一括り!

 

3.I am going to(gonna)buy the cheapest car at the car dealer

私はそのディーラーの中で一番安い車を買うつもりです

 

1.の範囲を表す前置詞”Of”は

Of all the members, Yoshi is the strongest

全てのメンバーの中で、よしは一番強い。

 

このように文頭に持ってくることも多々ありますので、覚えておきましょう!

前置詞+名詞で副詞でしたね!→復習

 

前置詞+名詞を前に持ってきて範囲を表すこともあるのでCheckしておきましょう!

 

まとめ

最上級の表現は

the +形容詞または副詞に”est”をつける

後ろには比べる範囲(前置詞+名詞)を置くことで、

〜はの中で一番〜だ!という唯一無二の表現ができます!

 

この比較表現は英語での日常会話ではマストで必要ですよね!

表現の幅を広げてバイリンガルを目指しましょう!

毎日英語

Do College Online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です