比較表現~同じくらい~as~as

励みになりますので、チャンネル登録の方よろしくお願いします。




比較表現(同じくらい)as~as

比較の表現は今まで

比較級

I am taller than him

私は彼よりも背が高い

最上級

I am the tallest in the class

私はクラスの中で一番背が高い。

比較の中では”〜より〜だ”とか”一番〜だ”とやってきました。

復習の方はこちら↓

比較してみよう(比較表現)

最も〜(最上級)比較表現

比較表現(不規則変化)

比較表現more/most

”同じくらい〜だ”という表現

今回は”〜と同じくらい〜だ”という”程度”が同じ

比較して差がない場合の表現を紹介していきたいと思います。

Toshi is as cool as Ken

トシはケンと同じくらいかっこいい。

asの後ろに形容詞または副詞をいれてあげる。

そして、比べたい対象の”人””もの”の前にはまた”as”をおく

Toshi is as cool(as+形容詞または副詞) +as Ken(as +人)

ここで頭に入れておいて欲しいのは、

as形容詞または副詞as人

のようにas~asXのようには覚えないでください!

あくまで

Toshi is as cool(as+形容詞または副詞) +as Ken(as +人)

形容詞・副詞直後のasは従属接続詞

なぜかというと、

後ろの(as +人)は従属接続詞です。

従属接続詞→復習はこちら

言ってみれば、

Toshi is as cool as Ken is (cool)なんです!

従属接続詞=(従属接続詞S+V)

しかし内容が前後かぶる時は省略でしたね!

比較級の時と同じです!→復習

そしてこの”同じ程度〜だ”の時は絶対に後ろのasの文章に形容詞はいれてはいけないんです!

Toshi is as cool as Ken is (cool)

↑こうしましょう!+be動詞も中途半端に残っているので、代名詞だけで!

Toshi is as cool as Ken

使用方法が似ているas~asとer(more) ~ than

先ほど比較級と似ているとお話に出しましたが、少し比べて見ましょう!

比較級の時と同じです!→復習

She is more beautiful than Lisa →形容詞

彼女はリサより(比べて)美しい

She is as beautiful as Lisa→形容詞

彼女はリサと(比べて)同じくらい美しい

比較級“than”は従属接続詞として使っていました

今回の同じくらいの”程度”を表す”as”も対象の後ろの”as”は従属接続詞です

どちらも比べる対象は違うけど、〜と比べと表すことができる従属接続詞です!

覚え方はこう↓

比較級は”than”で同じ程度の際は”as”!

何倍〜だと表す表現

次に

2倍大きいとか3倍〜だなど!倍の表現の仕方を見て見ましょう!

Kyoko is twice as old (as Yoshi)

京子はヨシと比べて2倍の年齢だ!

My house is five times as huge (as hers)

私の家は彼女のより5倍でかい

このように

2倍=twice、それ以降は6倍=six times などと~timesとつけて〜倍としてください。

1/2はhalf!

as形容詞/副詞の前に~倍などを置いて〜倍〜だ!

と表現できますね!

比較級にも”more”とか”er”の前に付け加えるパターンが存在します。

Yoshi is much stronger (than Ken)

よしは(ケンと比べて)ずっと強い!

This experiment is a little more dangerous (than the one we did last week)

この実験は(前回私たちがやったものに比べて)少しばかり危険だ

more+形容詞/副詞の前に

much/still/even/

a little/ by far

などを入れると”程度”を強調することができます。

まとめ

まとめると

意味は違えども

比較級”er””more”と同じ程度を表す”as”は同じような形で使えるんです!

少し脱線してしまいました。

(as形容詞/副詞+as比べる対象X)=Xと比べて、同じくらいだ

He is as smart as Yoshi

彼はヨシと同じくらい頭がいい

こんな感じ!

そして否定の場合

He isn’t as nice as Ken

彼はケンほど優しくはない

と否定だと”Xほど〜でない”となるので注意!

また否定の時は

He isn’t so nice as Ken

このようにsoを”as”の代わりに持ってきてasXとしても同じような意味になります。

ここではasを“as~as”として覚えていなければなんとなく感覚が掴めるはずです!

なのでもう一度言いますが切り離して覚えましょう!

Toshi is as cool (as Ken is)

“as”は従属接続詞=(従属接続詞S+V)

最後に

Making a song is a tough work

作曲することは大変な仕事です。

これを

”作曲することは夏に外で働くのと同じくらい大変だ

Making a song is as tough a work as working outside in summer

形容詞+名詞の時の場合は(as形容詞+a(冠詞)名詞)と形容詞をasの後ろにおきます!

同じ程度を表す比較表現”as”はasの後ろは絶対に形容詞もしくは副詞なのです!

なので冠詞の位置が形容詞と入れ替わるので注意しましょう!

まとめると

程度を表す~同じくらい〜だ~”as”は

(as形容詞/副詞+as比べる対象X)という形を作る

否定の場合は

He isn’t as nice as Ken

彼はケンほど優しくはない。〜ほど〜ないというニュアンスになる

また否定の時は

He isn’t so nice as Ken

soを”as”の代わりに持ってきてasXとしても同じような意味になる。

形容詞+名詞をasで同じくらい〜を表したい場合は

Making a song is as tough a work as working outside in summer

と形容詞+名詞の時の場合(as形容詞+a(冠詞)名詞)と形容詞をasの後ろにまとめる

同じ程度を表す比較表現”as”はasの後ろは絶対に形容詞もしくは副詞!

以上がas形容詞/副詞asXの考え方!

意味は違えども、比較級と形が似ているというのを覚えておきましょう!

毎日英語!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です