名詞(品詞)基礎中の基礎に注目、そして代名詞!




名詞をもっと詳しく解説!

 

別記事で品詞の役割と重要性を解説して来ました。

品詞の復習はこちら↓

品詞とは何か?

↑リンクにて名詞の基本的な使い方と、置ける場所について解説しました。

今回は”名詞の見分け方””代名詞”について見ていきたいと思います!

 

名詞の復習!

 

モノの名前などのことを表す品詞(パーツです)

”私”あなた””Toshi”や”dog”もそうですね。

モノの名前や人の名前、呼び名全般名詞と呼ぶんでしたね!

 

名詞が置ける位置

 

主語の位置

Toshi likes Japanese food

トシは日本食が好き

 

目的語(O)の位置=他動詞の後ろ(SVO)

Toshi plays baseball

トシは野球をする

 

補語(C)の位置=be動詞の後ろ(SVC)

He is my father

彼は私の父です

 

前置詞の後ろ

I play baseball with Ken

私はケンと一緒に野球をした

 

以前の記事では紹介しませんでしたが、もう一つ紹介します!

 

名詞の位置!所有格に気をつけよう!

 

所有格というのは”〜の”と誰のものなどと表すことができる

名詞(人の名前など)の場合はその名詞に”‘s”を後ろにつけてあげることにより

所有やその人の”もの”や”ケンの〜”といった”ケンとの関係”を表す人も表現できる!

Ken←名詞!それに’sを足す!

Ken’s=ケンの〜

ケンの車=Ken’s car

↑このようになるます!

 

そしてこの所有格の後ろには名詞が来ることが多い

 

下の例を見てみよう!

 

This is Ken’s girlfriend

これはケンの彼女です

 

I used my sister’s car today

私は今日姉の車を使った。

 

このように所有=その人が所有している”もの”

関わりがある”人”というニュアンスが伝えられますね!

 

では!私のや彼のなどの場合はどうなってしまうのでしょう?

I’s?!やHe’s?!

名詞に” ‘ s”っていったじゃん!?

 

名詞で人の名前や物の名前の場合は上のように変化しますが、

私やあなた、彼、彼女の場合などは使用方法によってもっと変化します!

それが”人称代名詞”と呼びます!

 

人称代名詞の格変化

人称代名詞とはあなたとか私とか彼、彼女のことをまずは人称代名詞と呼び、

文の中で変化することを格変化と呼んでいます!

名前はどうでもいいですが、変化の形をしっかりと覚えましょう!

 

まずは

 

1人称とは”私”!話す際のメインの人!

2人称は私に対しての向かい合っている相手=あなた!目線の先の話し相手!

3人称とは私とあなたと複数以外全てその場にはいなかったりいた場合でもサブキャラクター的な存在

こんな感じのイメージ!

3人称には現在形の動詞に”~s”や”~es”をつけ疑問文の際にも”Does”に変化するなどの

ルールが存在します!

 

私=”I”1人称

主格=主語 “I” 所有格=私の “my” 目的語=私に “me” 所有代名詞=私のもの “mine” 

 

あなた=”You”2人称

主格=主語 “You” 所有格=あなたの “Your” 目的語=あなたに “you” 

所有代名詞=あなたの物”Yours” 

 

彼=”He”3人称

主格=主語 “He” 所有格=彼の “His” 目的語=彼に “him” 所有代名詞=彼の物”his”

 

彼女=”She” 3人称

主格=主語 “She” 所有格=彼女の “Her” 目的語=彼女に “her” 所有代名詞=彼女の物”hers”

 

それ=”It”3人称

主格=主語 “It” 所有格=その “Its” 目的語=それに “it” 所有代名詞=”なし”

“It”代名詞の考え方として

英語では名詞など単語の繰り返しが美しくないので代名詞”It”などを利用して

なんども同じ単語を連呼しないようにする!

 

私たち=”We”1人称

主格=主語 “We” 所有格=私たちの “Our” 目的語=私たちに “us” 

所有代名詞=私たちの物”Ours”

 

あなたたち=”You”2人称

主格=主語 “You” 所有格=あなた達の “Your” 目的語=あなた達に “you” 

所有代名詞=あなた達の物”Yours” 

 

彼ら(彼女らの)=”They”3人称

主格=主語 “They” 所有格=彼らの “Their” 目的語=彼らに “them” 

所有代名詞=彼らの物”Theirs” 

 

使い方としては

I(主格) know him(目的格), but I can’t remember his(所有格) name

私は彼を知っているが、彼の名前を思い出せない。

 

I want to buy the car, but its(所有格=the car’s) price is so high

私はその車が欲しいが、その価格はめっちゃ高い

 

 

 

 

A) Can I drive your(所有格) car?

あなたの車運転していい?

B) Yes, You can drive mine(所有代名詞)

いいよ!私の車運転して=あなたは私の車運転できます(許可!)

 

↑所有代名詞

先ほど代名詞”It”の時に触れましたが

英語では名詞など単語の繰り返しが美しくないので所有代名詞などを利用して

なんども同じ単語(今回はCar)を連呼しないようにする傾向あり!

 

もう分かりましたね!

 

そして他にも再帰代名詞というものも紹介しましょう!

 

再帰代名詞とは?

 

難しい名前ですが、文中に私(主語)と目的語(他動詞の後ろなど)

Iとmeなど一緒に出てきた場合再帰代名詞ってやつを用いるってことです!

 

”I”の場合は”myself”

 

主語目的語同じ人

I make myself happy

私は自分を楽しませる

 

”You”の場合は”yourself”

 

主語目的語同じ人

You should love yourself

あなたはあなた(自身)を愛するべき

 

”He”の場合は”himself”

 

主語目的語同じ人

He looked at himself in the mirror

彼は彼自身を鏡で見た

 

”She”の場合は”herself”

 

主語目的語同じ人

She prove herself to be a great singer

彼女は素晴らしい歌手であることを彼女自身で証明した

 

”It”の場合は”itself”

 

主語目的語同じ人

The scratch heals itself 

傷は自然に治る(itself=The scratch)

 

”We”の場合は”ourselves”←複数の場合は注意

 

主語目的語同じ人

We enjoyed ourselves at his birthday party

私たちは私たち自身で彼のパーティを楽しんだ

 

”They”の場合は”themselves”←複数の場合は注意

 

主語目的語同じ人

They train themselves for the next game

彼らは次の試合のために(彼ら自身で)鍛えた

 

もう少し頑張りましょう!

次は日常会話でよく出て来る代名詞の”One(s)”について

 

代名詞の”One(s)”について

 

よく注文する際に”this one”などと聞いたことや使用したことがあるのではないでしょうか?!

そして1つという意味で捉えている方も中にはいるのでは!?

それは大きな間違えです!

実はこれは数字や個数の一つではなく”もの”の代名詞(itみたいな感じ)なのです

この”One(s)”の使い方や注意点を見ていきましょう!

 

まず”It”と”one”の違いからいきましょう!

 

“It”と”one”の違い

 

英語では名詞など単語の繰り返しが美しくないとされているので

“It”などを用いて”それ”と呼び同じ単語の重複を防ぐために代名詞を使っていましたね!

 

この”one”も実はそれなんです!

じゃあ“It”との違いは?

これは“It”は特定の物をさしていて、”One”は不特定のものを指している!

例)

It編

A)I brought my ps4.

ps4を持ってきたよ!

B)Can I play it?(it=your ps4)

それやっていい?

 

one編

A)I brought some cakes.

ケーキを何個か持ってきたわ

Can I have one?(one=a cake)指定していない!どれでもいい感じ

ケーキちょうだい?!

 

数えられない”もの”は”One(s)”にはできない

 

ルールとして数えられるものしか“one”に置き換えることはできませんので注意!

なので不可算名詞=数えられないものには変換不可です!

水や、液体などなど!不可算名詞

 

冠詞a,an +形容詞+one

 

これは特殊なのでしっかりと覚えておいてください!

代名詞には冠詞の”a”や”an”は置かないのですが”one”の場合は形容詞がつく場合に限り

冠詞の”a”や”an”をつけるルールになってます!

 

なので

I broke my car. I need to buy a new one

車壊しちゃった。新しいやつ買わなきゃ→不特定の”それ”のニュアンス

 

そしてややこしいのですが、

“one”を特定の時にも使用できるのです!

 

“one(s)”を特定の時に使用

 

先ほどは不特定の”もの”の時に用いると説明しました。

少しややこしいですが、実は特定の時にも使用できるのです。

まとめると“one”は不特定の場合や特定の時両方で使用できる便利なものです!

しかし条件があり、この場合も形容詞をつけてあげ、さらに冠詞の”the”を合わせることにより

特定のものを指し示すことが可能になります

 

I don’t want the blue cap. I want the red one

その青の帽子は欲しくない。その赤いやつが欲しい!

 

I don’t like the mini car. I prefer the big one

その小さい車は好きじゃない。その大きいやつの方が好きだ

 

人称代名詞には基本的には”the”はつかないことを覚えておきましょう!

 

単語としての名詞の見分け方!

 

英語のテストや、英文を読む際に品詞の見分け方がどうもわからないという方も多いと思います。

今回は語尾を見て品詞を見分ける裏技を紹介

逆にいうと、他の品詞の語尾をそれらに変えると名詞になるかも!

 

人物の場合(〜をする人)

“~er” “~or” “~ant” “~ent”

teacher(先生), Actor(役者), Accountant(会計士), client (顧客)

 

人物その2(〜をされる人)

”~ee”

Employee(従業員=雇われている人)

 

人物その3(〜する人、主義者)

“~ist”

economist(経済学者)

 

主義

“~ism”

Capitalism(資本主義)

 

 

行為

“~ion” “~ment”

obligation (義務)compliment(賛辞、褒め言葉)

 

状態や性質

“~ance” “~ence” “~ ness” “~ship” “~ity”

performance(パフォーマンス)conference(会議)kindness(親切)friendship(友情)

stability(安定)

 

上のような感じで語尾で名詞を見分けることができます!

また他の品詞に上で紹介した語尾を付け替えることにより、名詞を作ることもできる!

例えば→perform(上演する)動詞ですね!

これに”~ance”をつけたのでperformanceという名詞に変身しましたね!

 

しかし名詞を理解しても文の作りを理解していないといけません!

しっかりと復習しましょう!↓

 

品詞とは何か?

基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって)

 

その他に動名詞to不定詞名詞の役割ができましたね!

別記事で紹介しています!↓

To不定詞&動名詞~ing, to do~

 

このように英語は基礎を知れば知るほど楽しくなります!

毎日空いている時間に英語を勉強しましょう!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です