関係詞~まとめ~関係詞を理解して長文に強くなろう

関係詞のまとめ

関係詞を長きに渡ってやってきましたが、最後に簡単にようやくして書いていきますので

分からない&復習したい方はリンクを貼っておきますので、

勉強or復習をしてください。

関係詞→こちら



関係代名詞の基本



こちら

関係代名詞は、先行詞(=前にある名詞)の種類や、

先行詞の後ろに続く節の中での働きで形が変わる。



1. 主格



=先行詞と動詞の間に名詞の穴=(主語にあたる部分)がある場合は、

主格の関係詞代名詞を入れる→who, which/that


2.所有格




=先行詞と名詞の間に(所有格の穴がある場合=MyとかHerとか)は所有格の関係代名詞を入れないといけない→whose



3.目的格



=名詞の穴が目的語(S+Vの後ろに空いている場合)は目的格の関係代名詞を入れてあげないといけない→Which/ that, who/whom



4.What



=Whatはthe thing which代役なので“What”の場合は先行詞は省略できる。



関係代名詞の省略




関係代名詞の目的格は省略できる。

The song which I likeをThe song I likeというように!



前置詞+関係代名詞の形




この形ができる関係詞は

Whom, which

The Toys with which I played→私が遊んでいたおもちゃ

The lady with whom I visited America→一緒にアメリカに行った女性

↑この形の時whoでも悪くは無いが、whomの方が正解!



Thatは

 

前置詞+関係代名詞の形 にはなれない!



関係副詞

 

→復習はこちら

関係副詞の後ろの文は完成している形→副詞の穴が空いている時!

(前置詞+名詞)副詞の役割の代わりになる。

逆にいうと、前置詞を残して関係代名詞にすることも可能である。

場所”Where”

時”When”

一応、、、、”why”と”How”



“why”と”How”




Why

“why”は先行詞が”the reason”の時だけ


How




How”は”the way”そして”How”は先行詞”the way”を省く!

the wayとhowは一緒には使えない。how自体が先行詞the wayの意味をも兼用という感じ

why, how, what復習こちら



非制限用法と制限用法




こちら

関係代名詞や関係副詞の前カンマ”,”がある場合が

非制限用法

I have a brother, who lives in Japan

制限用法

I have a brother who lives in Japan

ひと呼吸を置いて説明を加えたものが”非制限用法” 

意味が変わるわけでは無い。

だが“that” “why” “what” “how”に非制限用法は無い!

関係詞をまとめさせていただいました。

参考にしていただけると嬉しいです。

それぞれ分からないパートはそれぞれ一つ一つ記事にしていますので

リンクから飛んで復習の方お願いします。

関係詞=疑問詞の活用はバイリンガルを目指す上で大変重要でもあり、

日本語とは違う感覚なのでキャッチするのが難しく感じますが、

一度活用法をキャッチすると簡単であり、表現の幅も格段に広がります。

なので心折れずにこのパートは頑張りましょう!



Do English!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です