道案内〜日常英会話〜説明できたらかっこいいね!




道案内を英語でできますか?

 

2020年の東京オリンピックに向けて訪日外国人が増えています。

日本の良さを外国からの旅行者の方にもっと知ってもらえると日本人として嬉しいですし、

誇り高いですね!

日本も英語教育が進んでいますが、

実際に使うケースが少ないせいか、英語で道案内をできる人が少ないと感じます。

 

オリンピックに向けて道案内をこの際マスターしちゃいましょう!

 

道案内の際に聞かれること

 

まずは道案内の際に聞かれるであろう

質問例

Could you tell me how to get to 〜場所(名詞)?

〜場所(名詞)までの行き方を教えてくれますか?

 

なので”東京タワーの行き方を教えてください”だと

 

Could you tell me how to get to “Tokyo Tower”?

となるわけですね!

 

*よくある間違いで”tell”ではなく”teach(=教える)”を使いそうになりますが、

teach勉強など勉学や仕事の教えを求める感じですのでお気をつけて!

 

Where is 〜場所(名詞)?

〜場所はどこですか?

こちらは行き方を聞くというニュアンスよりも所在地を聞くというようなニュアンスです。

 

なので

東京スカイツリーはどこですか?

Where is “Tokyo Skytree”?

となるわけですね!

 

How can/ do I get to〜場所(名詞)?

〜に私はどのように行くことができますか?

 

How can/do I get to Tokyo Skytree?

スカイツリーにはどのように行くことができますか?

 

 

基本的にはこれらが一般的な道の聞き方ですので覚えておきましょう!

逆に海外などに行った際にはこの上の例のように場所を尋ねましょう!

 

道の説明の仕方

 

ここからが実際に覚えておいてほしいこと!

英語で説明する能力をつけましょう!

 

地理をどの程度知っているのか確認

“Do you know where 〜場所 is?”

 

まずはその場所の行き方を教えるのにも

”その方(質問者の)の土地勘”

を知らないことには説明はできませんね!

 

例えば

”渋谷の〜という店はどこですか?”→その店が109の近くの場合

と聞かれた場合

まずはその人がどのくらい渋谷に詳しいかを知らないといけません。

なので”土地勘を聞いてみましょう!”

 

Do you know where 109 is?

109がどこだか知っていますか?

 

*これは文法でいうと間接疑問文ですね復習はこちら↓
疑問詞の使い方(間接疑問文)

 

これはYES/Noで答えてくれるので、そしたらやっと説明に入りますね!

 

行き方を表現してみよう!

 

Go〜

〜行ってください!

 

goに付け足すことで”まっすぐ”や”〜を通り過ぎて”などという表現が可能です。

 

Straight~まっすぐ(ストレート)〜

 

この道をまっすぐ行ってください

Go straight this way

 

Down~下る〜/ Up 〜上がる〜

 

この道(坂)を降ってください

Go down this way/ street

 

この道(坂)を上がってください

Go up this  way/ street

 

Pass〜通り過ぎる〜

〇〇を通り過ぎてください。

Go pass 〇〇(目印となる場所)

Go pass a restaurant called “~~Izakaya”

〜という居酒屋を通り過ぎてください。

 

Left / Right at the fork(分かれ道)

(分かれ道)を左・右に行ってください。

 

Go left/ right at the fork(分かれ道)

分かれ道を左(もしくは右に)行ってください。

 

Turn right/ left〜右・左に曲がってください〜

Turn left/ right at 場所(目印(曲がり道の)いくつ目の通りを

〜を左・右に曲がって

 

Turn right at the second traffic light

二つ目の信号を曲がってください。

First1つ目、Second2つ目、Third3つ目、その後は数字に”th”をつける感じ

4th. 5th……

 

Turn left at “Shibuya station”

渋谷駅を左に曲がってください。

 

その後~You will see 〜場所(目印)

 

ある程度の道順を説明したら次は”そしたら〜が見えます”と行くのが自然

なので今までのを復習すると

 

困っている人)Excuse me(すみません)

あなた)Yes

困っている人)Could you tell me how to get to “109”?

あなた)

Ok!

First, go straight this way まずは、まっすぐ行って

turn left at second traffic right 2個目の信号を左に

and go pass “~Izakaya” そして〇〇居酒屋を通り過ぎたら

Then, you will see “109” 109が見えるはずです!

 

困っている人) perfect!! Thank you very much!

 

このように最後にYou will see~と〜が見えます!

説明してあげるとすごくわかりやすいですね!

 

私が連れて行きますI will take you to〜場所(目的地(名詞))

I will take you to 場所で〜私が〜まで連れて行きますとなります。

なので

 

I will take you to “109”

私が”109″まで連れて行きますとなります。

 

位置に役に立つワード(その他)

 

Next to~の隣

That place is next to 場所

その”場所”の隣にありますよ!

 

“109” is next to “Pachinko shop”

109はパチンコ屋さんの隣にあります。

 

Near~の近く

109 is near ~場所

109は〜の近くにあります。

 

opposite~反対に

109 is opposite ~~場所

“109”は(〜場所)の反対にあります。

 

Across the street~その道を渡ったところに

It’s just across the street

そこは道を渡ったすぐそこにあります。

 

ベーシックなところはこんな感じ!

シチュエーションなどを想像してぜひ英作文を作ってみよう!

 

毎日空いている時間に英語!

Do College Online

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です