日常英会話レストラン編~電話での予約~




レストラン予約編

海外では人気のレストランは予約がないといけなかったり、

予約なしで行くと結構待たされたりします。

なので行く前に予約を取ってしまいましょう!

英語で電話予約しよう

電話は英語に自信のない方だとかなり緊張するし、出来れば避けたいと思いますよね!

しかし電話も慣れていかないとバイリンガルにはなれません!

レストランの予約を取るところから始めてみましょう!

挨拶から

いつも言ってますが、電話でも対面でも挨拶から!

プルルル〜

まずお店の方が

“Hello” 

Thank you for calling  〇〇←レストラン名 〇〇←担当者 speaking. 

お電話ありがとうございます〇〇←レストラン名 〇〇←担当者が話しています。

How may/ can I help you?

どうやってhelpできますか?→ご用件はいかがでしょうか?

そして遂にあなたの番ですね!

まずは

“Hello”

レストラン予約

Can I make a reservation →予約を取る事ができますか?

*make a reservation→予約を取る

店員さんが次にあなたの情報を欲しいので聞いて来ます。

How many people?→何人?

what time?→何時?

What day?→いつ?

などなど。

色々聞かれるとテンパるんで最初に”予約を取りたいんです”のところにインフォメーションを詰めてしまいましょう!

Can I have a reservation for 2 at 7 pm tonight

今晩7時に2名で予約できますか?

文法の副詞の記事でやったのですが副詞は(前置詞+名詞)という形で詳細を説明するんですね!

そして置く順番なんですが、特に決まりはないのですが、

重要度が高いものから置いていきましょう!

今回の場合は2名で予約して2名様のテーブルがないとディナーが楽しめないので、

人数を先にやりました!

Can I have a reservation for 人数 at 何時 on 日付/曜日

↑という感じでいいと思います!

たまに忙しすぎてテーブルが空いていないこともありますよね。

その時は大体

Unfortunately, We don’t have open table at 7pm とかon その日

など言われましたら、

How about 日にち/時刻/

などその予約の第2希望の時間や日にちを伝えよう!

Unfortunately,〜と言われたらネガティブな情報だと思ってくださいね!

Anyways,この情報を先に伝えたら店員さん

Can I have your name?→お名前伺えますか?

そしたら

My name is 〇〇

I am 〇〇

と名前を伝えてくださいね!

プラス電話番号も聞かれるかもしれません。

Can I have your phone number?→電話番号を教えて!

これに対して、

My phone number is (あなたの電話番号)

と言いましょう!

これくらいで、予約の電話は終わりです。

confirmされて終わりになります。

最後は

Okay we will see you at 予約の時刻 on 予約の日を言われて終わり!

あなたもThank you !と言って電話を切りましょう!

今回はレストランの予約編でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です