英語の疑問文作り方|基礎をわかりやすく!1

疑問形にできないと恥ずかしがってるあなた!






英語を勉強したいけど、
義務教育等で全然勉強してなかったからと 英語を敬遠している方も多いのではないでしょうか?

確かに始めたくても心が折れそうになる事があると思います。

ただ表面上の理解をするのではなく、

芯の部分を理解すれば英語は日本語ほど難しくないですよ!

早速疑問文の基礎的な作り方を復習がてらみていきましょう!

疑問文を作る上では英文の根本的な構造の理解が必要ですので


復習してからチェックしましょう! 基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって)


Be動詞で疑問文



まずはBe動詞からみていきましょう!

Be動詞というのは

”様子や状態の説明”

をする際に使う動詞だと別記事で解説しました。

品詞とは何か? 基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって)

He is Akira.

彼はアキラです。 ↑こんな感じの文章ですね!

be動詞を使う形!

彼=アキラ be動詞はイコールと思ってくださいと

SVCの解説の時にお話ししました。

注目はbe動詞の位置です!


疑問文にする際はめっちゃシンプルにbe動詞を前に出しましょう!

Is he Akira?
彼はアキラなの?!

こんな感じで

He is Akira Is he Akira


っとbe動詞をただただ前に出してあげるだけです!

過去形になってもそれは同じです!


He was home yesterday.
彼は昨日家にいた。

be動詞が過去形になって後ろに副詞(yesterday)があったとしても考え方は同じです! ただ単にbe動詞を動かしてあげればいいのです!

Was he home yesterday?

彼は昨日家にいたの?

こんな感じでめっちゃシンプルです! 動かすのは動詞だけですよ!



一般動詞を使う際の疑問文




一般動詞というのは別記事 品詞とは何か? 解説したのですが

”動作、動き”を表すことのできる動詞ですね!

You play piano.
あなたはピアノを弾きます。

こんな文章は作れますか?!

もし自信がない方は

品詞とは何か? 基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって) チェック!

先ほどの You play pianoを疑問文にしてみましょう!

Do you play piano? あなたはピアノを弾きますか!?

一般動詞の場合で疑問形を作る場合は

他動詞であろうが自動詞であろうが、 Do or Does のうちいずれかを文頭に置きます。 (現在形の場合) Doの時は動詞にs(es)が必要ない場合。

上のケースIとかYouの場合(一人称二人称)、

複数形の場合は Do HeとかShe、It、物とか事の単体の場合(三人称) Does を置きます!

He plays piano
彼はピアノを弾きます。

↑このケースの場合は先ほども言った通り、

playにsが付いてますね!

Doの時は動詞にs(es)が必要ない場合。

ということはDoesを使うということはもうわかってくれましたね!

そして文頭にDoesを使った場合は動詞のs(es)を取って原形にする。

Does he play piano?!

彼はピアノを弾きますか?!

He plays piano 彼はピアノを弾きます。 こんな感じです!



過去形の場合はめっちゃ簡単です!




He played guitar with his friend yesterday
彼は昨日友人と一緒にギターを弾いた。


You worked in Kanagawa yesterday
あなたは昨日神奈川で働いた。

上記2つの例文見てもわかるように

現在形はs(es)が三人称(heとかsheとか)で付いたのに過去形の場合は
どっちも動詞にedが付いているだけで違いはありませんね!


なので文頭にはDidを置けば過去形の疑問文が使えます!

Did he play guitar with his friend yesterday?
彼は昨日友人とギター弾いたの?


Did you work in Kanagawa yesterday?
あなたは昨日神奈川で働いたの?


この際もDidを文頭に出したら動詞の部分は原形にしてあげましょう!

現在完了形の疑問文の作り方はこちらの記事からどうぞ!


現在完了形(時制)ある地点から今も〜


疑問文の答え方は!?



be動詞で聞かれた場合

Is he Tom? 彼はトムなの?


この際はシンプルに

Yes, he is.
そうです彼です

No, he isn’t(is not)
いいえ彼は違います。


be動詞で聞かれたらbe動詞で答えてあげればいいのです!


一般動詞で聞かれた場合


Does she speak English?
彼女は英語を話しますか?


Yes, she does
はい

No, she doesn’t (does not)

いいえ


Doesで聞かれたらDoesで!


もう勘のいい人はわかりますね!

Do you use this laptop?

あなたはこのノートパソコンを使いますか?
Yes, I do
はい

No, I don’t(do not)
いいえ


Doで聞かれたらDoで!


もうわかりましたね!


このDoやDoesとかbe動詞を文頭に置く疑問文の作り方は英語の基礎!

忘れている方やわからなかった方はしっかりと復習しましょうね!

よくある間違えで Is he play baseball? ?????

↑今日からもうおかしいのはわかりますね!

英語を曖昧にしないで基礎からしっかり身につけましょう!

疑問詞をつけた疑問文は意見を求めるもので、

今回の文頭にDoやDoesを置く疑問文はYes or Noを聞く疑問文だと覚えておいてくださいね!


疑問詞はこちらの記事へ
疑問詞役割 | 1日5分英語学習


今日は疑問文の基礎について勉強しましたね!



毎日英語!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です