前置詞~Above, After編~をしっかり身につけよう

前置詞のイメージを意識しましょう!

 

前置詞シリーズもだいぶ長くなってきました。

前置詞~at編~をしっかり身につけよう

前置詞~about編~をしっかり身につけよう

前置詞~in編~をしっかり身につけよう

前置詞~with編~をしっかり身につけよう

前置詞~For編~を身につけよう

前置詞~To編~を身につけよう

前置詞~Across編~をしっかり身につけよう

前置詞~of編~をしっかり身につけよう

 

 

副詞が英語上達の鍵を握っているからですよ!

 

そして前置詞+名詞=副詞の役割ができるということをしっかりと覚えておきましょう!

副詞(Adverb)副詞を理解すれば英語は格段に上達する!

しかし、英文の基本的な構成も忘れてはいけませんよ!

復習はこちら↓

基本的な英文の構造(SとかVとかOとかって)

品詞とは何か?

 

さて今回は前置詞を2つ紹介します。

 

前置詞~Above~

まずは前置詞Aboveから紹介させていただきます。

Aboveのコアイメージは”〜の上に”です!

また”高さが高い”というイメージを持っていることをしっかりと頭に入れておきましょう!

 

このAboveは時に比喩的に表現することがあります。

 

I’ve got a house above the lake

私は池の上に家を買った。

 

*池の上には家は建てられませんが、池よりも高いところに建っている

イメージが付くのではないのではないでしょうか?

 

そしてAboveの反対(Opposite)はBelowです!

しっかりと覚えておきましょう!

 

前置詞~Above~量、気温など様々な”超えている”

 

He was caught driving above the speed limit

彼はスピード違反で捕まった(スピードリミットを超えて)

 

Haneda Airport is 10m of higher above sea level

羽田空港は海抜から10メートル高いところにある。

 

Birds are flying above the tree

鳥は木の上を飛んでいる。(木より高いところを)

 

Aboveのコアとなるイメージは

”〜の上に”また”高さが高い”というイメージでしたね!

Overと似ている部分がありますが、

このAboveはOverよりも単純に〜より高さが高いという

位置関係だけを表しているだけなのです。

 

前置詞~After~

 

Afterの基本的なイメージはFollowです。

要は“後に続く”という感じ。

Afterはafter lunchのように時間を表すことや場所の時にも

この基本的なイメージは生きてきます。

 

I walked after Ken

私はケンの後ろを歩いた。

 

どんなイメージにもこの”後ろに続くFollowというイメージ”

持って見てみると分かりやすいのではないでしょうか?

 

She is gonna name her son after her father

彼女は息子に彼女の父親の名前をつけるつもりだ。

*お父さんにちなんだ名前、性格もそうなってほしいイメージ!

 

Yoshi looks after his baby

ヨシは彼の子供を世話する。

 

このAfterはあくまでFollow後ろに続くでしたね!

なのでlook after=後ろからfollowしてみるこんなイメージなんですね!

 

この表現はどうでしょうか?

 

Kendai takes after his dad

けんだいは父親の性格を受け継いだ。

 

↑このtake afterもname afterもその特徴をfollowしているというわけですね!

afterがafter 5 minutesのように言えない理由がなんとなく分かってきたと思います。

5分後というのは単なる”時点”であって、

別に何かをfollowして後ろから追っている話ではないんですね!

 

そして例えば5分後ということを伝えたい場合は

in 5 minutesと未来を表す”in”使用しないといけないんですね!

前置詞~in編~をしっかり身につけよう

時間で〜後という際は”in”でしたね!

inの反対はagoと以前やりましたね!

 

ちなみに

I will see you after dinner (after finishing my work)

のようにfollowしている感じがある場合はafterを使ってくださいね!

 

前置詞は非常に奥が深いですね!

このように1日一つでもニュアンスをしっかりと身につけていけば

バイリンガルへの道はそんなに遠くはありません!

 

毎日英語!

 

Do College Online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です